×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ハジメニ
花札ノレキシ
花札ノヨサ
花札ノシュルイ
花札 EASY
花札 NORMAL
花札 HARD
花札 MUST DIE
花札 HEAVEN OR HELL
花札マトメ
花札トワタシトニンテンド−
オワリニ

花札 EASY




■人数
 花札は2人
 新婚さん

 もしくは3人で遊びます。
 レッツゴ−じゃなくてレツゴ−ね
 レッツゴ−じゃなくてレツゴ−ね!

 2人もしくは3人集まったら以下の手順で遊んでみましょう。
 同じ種類の絵柄を合わせるだけですので直感的に理解できることと
 思います。




■手順
  1.全札48枚をよく切ります。

  2.よく切った札を裏向けたまま
   参加者は各々1枚ずつ手に取ります。
   それらを表に向けて最も月の数が大きい札を手に取った参加者が
   親になります。
   つまり
   1月の松が最も小さい数
   12月の桐が最も大きい数になります。
   ピン<<<<<<<<<<<キリ

  3.親が決まったら再度全ての札をよく切ります。

  4.2人の場合                          3人の場合
   親は場に表向けた札を4枚まきます。              親は場に表向けた札を3枚まきます。
   親は子に裏向けた札を5枚渡します。              親は子2人に裏向けた札を4枚渡します。
   親は再び場に表向けた札を4枚まきます。            親は再び場に表向けた札を3枚まきます。
   親は再び子に裏向けた札を5枚渡します。            親は再び子に裏向けた札を3枚渡します。
   つまり                            つまり
   場に8枚 各々の手に10枚になります。             場に6枚 各々の手に7枚になります。
   ↓こんな感じ                         ↓こんな感じ
   2人用 場8の手10     3人用 場6の手7

   2人の場合 改
   手札を10枚から8枚にすると
   札が余るのでより楽しめる
   でしょう。
   ↓こんな感じ
   2人用 場8の手8

   手に持っている札を手札と呼びます。
   場に表向いている札を場札と呼びます。

  5.以上ができたら残りの札は裏向けたまま適当な場所に
   置いておきます。
   ↓こんな感じ
   山
   これをと呼びます。

  6.親から順に手札と場札の
   絵合わせ(同じ月の札同士を合わせる)をしていきます。
   言わばマッチングゲ−ムです。
   ここで「まいっちんぐマチ子先生」を思い出した方は私と同世代です。
   まいっちんぐ!
   絵合わせした札はその参加者の得点となります。

  7.絵合わせできる札があろうとなかろうと手にある札を
   どれか1枚を場に出さなければなりません。
   出したあとは山から札を上から順にめくっていきます。

  8.めくった札が場にある札と同じ月の札がある場合は
   得点になります。
   なかった場合はそのまま場に置き去りにします。

  9.それを手札が全てなくなるまでやり続けます。
   なくなれば終了です。

 10.絵合わせさせた札の合計点で勝敗を決めます。
   札の点数は以下の通りです。

   50点
        
 
   10点
           
           
 
    0点
              
              
  簡単なおぼえ方として
  豪華な絵柄は6枚(大札)=50点。
  大札以外と短冊が描かれてる札(短札)=10点。
  動物も短冊も描かれていないシンプルな絵柄(カス札)=0点。
  11月と12月以外は各々2枚ずつカス札がある。




#花札の扱い 絵合わせ 点数に慣れるまでは上記を参考に
#勝った負けたと一喜一憂しながら、まずはこのやり方でやり込んで
#みましょう。